文字サイズ
    選挙の争点や各党の動きをお伝えします。
    選挙Q&A

    重複立候補とは?

      衆院選の重複立候補とは。
      衆院選は、最多得票の1人が当選する小選挙区選(定数289)と全国を11ブロックに分けた比例選(同176)とで実施され、有権者はそれぞれに1票を投じる。この両方に立候補するのが重複立候補だ。
     小選挙区で落選しても、有効投票総数の10%以上の票を得られれば、比例選で復活当選する資格を得ることができる。

    小選挙区惜敗なら復活も

      重複立候補者が比例選で当選する仕組みは。
      比例選は、各党の得票数に応じて議席が配分され、各党があらかじめ決めた比例名簿の順位上位者から当選していく。同一順位では、小選挙区で当選者にどれだけ迫ったかを示す「惜敗率」の高い候補から順に当選する。

     比例名簿の順位には、各党の戦略が反映する。例えば、自民党は今回の衆院選で、東京ブロックの重複立候補者23人を1位に並べた。同一順位で自党の候補を競わせ、票の掘り起こしを図る狙いがあるとみられる。
     同党は東北や近畿ブロックなどでは、区割り変更のあおりを受けて小選挙区での出馬が困難になった前衆院議員を、比例単独候補として1位に据えた。重複立候補者は2位に並べた。

      重複立候補の問題点は。
      小選挙区選で敗れた候補が救済されるため、「分かりづらい」との指摘がある。

    2017年10月19日 09時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR情報

    候補者(50音順)

    党派別立候補者数

        小選
    挙区
    比例 重複 公示前
    勢力
    うち
    女性
    自民 332 25 277 313 258 284
    希望 235 47 198 234 197 57
    公明 53 5 9 44 0 34
    共産 243 58 206 65 28 21
    立憲民 78 19 63 77 62 15
    維新 52 4 47 52 47 14
    社民 21 4 19 21 19 2
    こころ 2 1 0 2 0 0
    諸派 91 31 44 47 0 0
    無所属 73 15 73 - - 45
    合計 1180 209 936 855 611 472

    欠員3

    希望=希望の党、立憲民=立憲民主党、維新=日本維新の会、こころ=日本のこころ