<速報> 文科省の戸谷一夫事務次官、辞任の意向…一連の汚職事件受け
    文字サイズ

    衆院選の期日前投票、20日までに1564万人

     総務省は21日、衆院選小選挙区選の期日前投票者数の中間状況(20日現在)を発表した。

     公示翌日の11日から20日までの10日間の投票者数は、選挙人名簿登録者数(9日現在)の14・71%にあたる1564万5349人だった。前回2014年衆院選の同時期に比べ546万3316人増え、衆院選で05年に期日前投票が始まって以降、最高だった09年の投票者数(1398万4085人)を上回り、過去最高となった。

     全都道府県で増加しており、増加率が最も高かったのは沖縄県の1・96倍で、三重県の1・87倍が続いた。

     期日前投票が衆院選で実施されるのは5回目。投票所数は前回より485か所増えた。総務省は「駅前やショッピングセンターに設置され、投票環境が整ってきた」と見ている。昨年の公職選挙法改正で、悪天候を理由に投票できるようになったことも増加の要因とみられる。

    2017年10月21日 20時09分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR情報

    候補者(50音順)

    党派別立候補者数

        小選
    挙区
    比例 重複 公示前
    勢力
    うち
    女性
    自民 332 25 277 313 258 284
    希望 235 47 198 234 197 57
    公明 53 5 9 44 0 34
    共産 243 58 206 65 28 21
    立憲民 78 19 63 77 62 15
    維新 52 4 47 52 47 14
    社民 21 4 19 21 19 2
    こころ 2 1 0 2 0 0
    諸派 91 31 44 47 0 0
    無所属 73 15 73 - - 45
    合計 1180 209 936 855 611 472

    欠員3

    希望=希望の党、立憲民=立憲民主党、維新=日本維新の会、こころ=日本のこころ