衆院補選2敗、自民引き締め…野党は攻勢強める

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 参院選の前哨戦となった衆院大阪12区、沖縄3区の両補欠選挙から一夜明けた22日、補選で2敗した自民党は結果を厳しく受け止めた。

 安倍首相は22日午前、首相官邸で記者団に「手応えも感じられたが、大変残念な結果になった。参院選に向け今一度、しっかりと身を引き締めていかなければならない」と語った。

 ただ、自民党内には「地域の特殊事情が大きかった」(幹部)との見方が根強い。二階幹事長は22日昼の政府与党協議会で補選の結果が参院選に与える影響について、「それほど大きな影響があるとは思えない」との見解を示した。

 沖縄3区での共闘で勝利した野党は、政府・与党への攻勢を強める構えだ。

 立憲民主党の長妻昭選挙対策委員長は22日、「長期政権のおごりに対する国民の反感が顕在化してきている。参院選への弾みとしたい」と述べた。国民民主党の玉木代表は沖縄3区の結果について「野党連携の一つのモデルを示せた。明確な争点を掲げ、無党派層にも広がる協力関係を築くことが重要と証明された」と語った。

無断転載禁止
548087 0 衆院選 2019/04/22 11:39:00 2019/04/22 13:11:22 2019/04/22 13:11:22

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ