れいわ山本代表「議席2ケタに」…次期衆院選の第1次公認候補に7人

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 れいわ新選組は17日、次期衆院選の第1次公認候補予定者として、東京、千葉、埼玉3都県で出馬予定の7人を発表した。山本代表は、消費税率5%への減税を旗印とする野党共闘が成立しない場合は100人規模を擁立する考えを改めて強調しており、野党共闘の波乱要因になりつつある。

 山本氏は記者会見で、「野党の中で一定の影響力を握るために2ケタに議席を乗せたい」と語った。1次公認は全体で13人で、残りは、北海道、東海、近畿、中国、九州ブロックから随時発表するという。

 この日発表した7選挙区には、野党各党が候補擁立を準備している。うち2選挙区では、立憲民主党、国民民主党の現職とそれぞれ競合する。山本氏は、「消費税5%という旗が立てられるのであれば(野党共闘に)参加する。そうでない場合は独自でやる以外にない」と述べた。結論を出す時期が遅くなれば、候補者調整は難しくなるとの認識も示した。

 消費税5%公約を巡っては、今のところ賛同するのは共産党のみだ。

 立民の枝野代表は16日の党大会で、「与党は財源はどうするんだという攻撃を徹底的にやってくる。攻められる選挙になる」と否定的な考えを示した。それでも党内には、「このままでは共倒れする。消費税5%を検討するべきだ」(若手)との意見もくすぶる。

 一方、国民の玉木代表は、「消費税に頼らない税制を我々も考えているので協力していきたい」と述べるなど、れいわとの連携に意欲を示している。ただ、党内には「ポピュリズム(大衆迎合主義)にくみするべきではない」(幹部)との慎重論もあり、具体的な協議の見通しは立っていない。

       ◇

 この日、発表されたれいわの公認候補予定者は次の通り。(敬称略、元は前議員を含む)

 【小選挙区】東京2 北村造(36)新▽東京8 辻村千尋(52)新▽東京10 渡辺照子(60)新▽東京22 櫛渕万里(52)元▽埼玉2 田島剛(41)新▽千葉8 太田和美(40)元▽千葉9 三井義文(63)新

無断転載禁止
1058339 0 衆院選 2020/02/17 22:50:00 2020/02/17 22:50:00 2020/02/17 22:50:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

参考画像
100円割引
参考画像
5000円以上お買上で5%OFF(マイカーで御来店のお客様のみ、特価品、食料品は除く)

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ