読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

  • 公示 10月19日(火)
  • 投開票 10月31日(日)

迫る衆院選、資金集めに苦慮…パーティー開催に踏み切る自民議員も

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大が長期化する中、自民党の衆院議員が政治資金パーティーの開催に苦悩している。秋までに衆院選が迫り、「軍資金」の確保は欠かせないためだ。緊急事態宣言下の東京都内で、オンラインを活用して開催する動きもあるが、法律上の課題が浮上している。

自民党本部
自民党本部

 岸田派の盛山正仁衆院議員は21日昼、都内のホテルでパーティーを開いた。1000人以上収容できる会場を借りたが、来場者は35人のみ。パーティー券の購入者にはオンラインでの視聴を可能にし、170人が画面ごしに参加した。

 岸田派では議員秘書6人の感染が判明し、宣言発令前の8日に派閥パーティーを開いたことが批判を浴びたばかりだ。会長の岸田文雄・前政調会長から延期を求める電話もあったが、盛山氏は「これまで2度延期した。いつ感染が収まるか見通しが立たない」と開催に踏み切った。

 一方、竹下派の渡辺博道・元復興相は、12日から8月24日にパーティーを延期した。「国民に自粛をお願いしている立場で、苦渋の選択だ」と吐露する。延期した場合、宣言の期限である8月22日の直後に再設定する議員が多く、「衆院選前に何としても開催したい」(ベテラン)との思いがにじむ。

 政治資金規正法は、政治資金パーティーを「対価を徴収して行われる催物」と規定する。政府は答弁書で「催物とは、人を集めて行う会合」とし、人を集めない完全オンラインの開催を認めていない。党内からは「コロナ禍で大勢の人を集められない中、どういう仕組みならできるかを検討すべきだ」(平将明衆院議員)との声が上がっている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2228177 0 衆院選 2021/07/23 05:00:00 2021/07/23 11:59:02 自民党本部。東京・千代田区で。2020年12月12日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210723-OYT1I50046-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

候補者

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)