• 公示 10月19日(火)
  • 投開票 10月31日(日)

[決戦の記憶]消費増税見送り、自民圧勝…2014年・安倍内閣「アベノミクス解散」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2014年11月7日、首相官邸。安倍首相の言葉を聞いた自民党の谷垣幹事長は返答に迷った。安倍氏が神妙な面持ちで「消費増税を延期する場合、衆院を解散するかもしれません」と切り出したからだ。

[決戦の記憶]金権政治批判、政党本位へ転換…1996年・橋本内閣「小選挙区解散」
衆院を解散し、記者会見する安倍首相(2014年11月21日、首相官邸で)=代表撮影
衆院を解散し、記者会見する安倍首相(2014年11月21日、首相官邸で)=代表撮影

 安倍氏は、15年10月からの消費税率10%への引き上げを先送りし、国民に信を問う考えを告げた。

衆院解散後に行われた安倍首相の記者会見を街頭モニターで見る人たち(2014年11月21日、JR新宿駅前で)
衆院解散後に行われた安倍首相の記者会見を街頭モニターで見る人たち(2014年11月21日、JR新宿駅前で)

 消費増税は民主党政権時の12年6月、民主、自民、公明の3党合意で決まっていた。この時、自民党総裁として取りまとめに尽力したのが谷垣氏だった。

 「今が解散するタイミングという理由だけでは賛成できません。財政再建に向けた展望が全然見られないようでは困ります」

 財政再建派として知られる谷垣氏は、こう懸念を伝えた。一方で、野党の態勢が整う前に解散に踏み切ることを否定するつもりはなかった。安倍氏の決意が固いことを悟った谷垣氏は、最後は「覚悟を持っておやりになるなら首相のご判断です」と理解を示した。

1

2

3

スクラップは会員限定です

使い方
「選挙2022・世論調査」の最新記事一覧
2424350 0 衆院選 2021/10/07 10:00:00 2021/10/07 12:19:48 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211004-OYT1I50082-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

候補者

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)