読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

  • 公示 10月19日(火)
  • 投開票 10月31日(日)

比例選の投票先、自民4ポイント低下の44%・立民ほぼ横ばい12%…読売世論調査

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 読売新聞社は、衆院が解散された14日午後から15日にかけて緊急全国世論調査を実施し、衆院比例選の投票先は自民党が44%でトップとなり、立憲民主党12%など野党を大きく引き離した。岸田内閣の支持率は52%で、内閣発足直後の4~5日に実施した前回調査から4ポイント下がった。不支持率は30%(前回27%)だった。

 比例選の投票先で、自民党は前回調査の48%から4ポイントの低下となった。ただ、立民は前回の13%からほぼ横ばいで、共産党は5%(前回3%)だった。野党としては、選挙戦でどれだけ支持を広げられるかが焦点となる。

 このほか、公明党が6%(前回5%)、日本維新の会は5%(同5%)などで、「決めていない」は19%(同18%)だった。

 比例選の投票先を過去の衆院解散直後の調査と比較すると、2017年は自民党が34%。当時、小池百合子・東京都知事が結党した野党の希望の党は19%だった。その後、希望の党は失速し、自民党の大勝につながった。14年調査では、自民党41%に対し、当時の野党第1党の民主党は14%で、衆院選は自民党が圧勝した。民主党が政権交代を実現させた09年の調査では、民主42%、自民23%と逆転していた。

残り:372文字/全文:888文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2447528 0 衆院選 2021/10/16 05:00:00 2021/10/16 09:30:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211016-OYT1I50008-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

候補者

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)