読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

  • 公示 10月19日(火)
  • 投開票 10月31日(日)

夜の銀座・暴行・汚職、みそぎの戦いに懸命…「信頼取り戻したい」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 衆院選(19日公示)には、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言下に深夜まで出歩くなどして物議を醸した人らも立候補を予定する。街頭演説で連日おわびを繰り返すなどし、返り咲きを目指している。

国会議事堂
国会議事堂

 神奈川1区の松本純氏(71)は、無所属で立候補を予定する。緊急事態宣言の発令中、東京・銀座のクラブに深夜まで滞在していた問題で自民党を離党した。17日は、横浜市中区のスーパー近くで、道行く人に政策を訴えた。

 2月の離党後、松本氏は支援者への「おわび行脚」を続けた。衆院が解散した14日に「みそぎの戦いになる。今一度、信頼を取り戻したい」と取材に答え、16日には解散後初めて街頭演説に立った。通りかかったパート従業員の女性(26)は「この先、国会議員として何をしようとするかが重要だと思う」と語った。

1

2

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2450036 0 衆院選 2021/10/17 21:43:00 2021/10/17 23:26:52 国会議事堂。東京・千代田区永田町で。2021年5月15日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211017-OYT1I50069-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

候補者

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)