読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

  • 公示 10月19日(火)
  • 投開票 10月31日(日)

給料上がる経済に転換…国民民主党 玉木雄一郎代表

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 今回の選挙は二つの大切なものを取り戻す選挙だ。一つは新型コロナウイルスで傷ついた経済、暮らし、社会を立て直すことだ。岸田首相からは、経済を立て直す具体策について明確な答えが返ってこない。

 国民民主党は、給料が上がる経済を取り戻す。1996年以降、実質賃金が下がり続けている。みんな一生懸命に働いているのに賃金が下がっているのは、経済政策が間違っていたからだ。積極財政に転換し、給料が上がる経済にしていく。資源のない日本は、人が資源だ。人づくりこそ国づくりで、教育、科学技術予算を倍増させていく。

 二つめは、政治に対する信頼の回復だ。うそやごまかしの横行する政治を続けても国民の暮らしは良くならない。野党も批判や反対ばかりでなく、コロナで苦しむ多くの人を助けられる知恵を互いに絞り合い、建設的な国会を取り戻そう。

 皆さんには長く、「飲むな、食べるな、動くな」とお願いしてきた。そろそろしっかりと感染を抑え込みながら、社会、経済を動かしていく時だ。長く停滞した経済と社会を前に動かしていこう。その具体的な提案を持っているのが国民民主党だ。(長崎市で)

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2454502 0 衆院選 2021/10/19 15:00:00 2021/10/19 16:52:50 第一声を上げる国民民主党の玉木雄一郎代表(19日午前9時39分、長崎市で)=足立浩史撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211019-OYT1I50064-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

候補者

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)