• 公示 10月19日(火)
  • 投開票 10月31日(日)

ショッピングセンターなどの「共通投票所」、前回選の7倍に…衆院選

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 総務省は26日、衆院選(31日投開票)で、商業施設など利便性の高い場所で投票できる「共通投票所」が、2017年の前回選の約7倍となる48か所で過去最多になったと発表した。当日の投票所は、前回選よりも1275か所減少し、4万6466か所となる。

 共通投票所は、投票率向上のため、ショッピングセンターや公共施設に設けられる。同じ自治体の有権者であれば投票が可能で、国政選では16年参院選から導入された。二重投票を防ぐためのシステム導入で経費はかかるが、既存の投票所を共通投票所に集約することで人件費の削減ができる。

 今回は11道県の17自治体が48か所で導入し、前回衆院選の4道県の4自治体、7か所から大幅に増えた。過去2回の参院選をあわせても最多となった。

 投票所は過疎化などで減少の一途をたどっており、ピークだった00年衆院選の5万3434か所から13%減った。前回と比較すると45都道府県で減り、減少数が最も大きかった秋田県では109か所減少した。

 一方、期日前投票所の設置数は5940か所で、前回衆院選よりも556か所増加し、過去最多となった。総務省は、新型コロナウイルス対策の一環で分散投票を呼び掛け、自治体に積極的な設置を求めていた。

スクラップは会員限定です

使い方
「選挙2022・世論調査」の最新記事一覧
2473132 0 衆院選 2021/10/27 05:00:00 2021/10/27 09:22:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

候補者

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)