• 公示 10月19日(火)
  • 投開票 10月31日(日)

比例は自民が堅調さ維持・維新も浸透、立民は伸びず…読売・衆院選終盤情勢

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 読売新聞社が実施した衆院選の終盤情勢調査では、比例選(定数176)で自民党が序盤情勢調査に続いて堅調さを維持している。日本維新の会はさらに伸長する勢いだ。

[衆院選2021]開票速報…ベテラン記者が動画で解説

 自民は、比例選の全11ブロックで安定した戦いを繰り広げている。公示前の66議席を上回り、70議席に届く勢いを保っている。岸田首相(党総裁)のお膝元の中国ブロックでは6議席目に手が届きそうだ。

 公明党も前回選の21議席を上回る展開で、自民、公明両党で比例定数の半数を超えそうな情勢だ。

 一方、維新は地盤とする近畿に加え、南関東、東海両ブロックでも浸透が進んでいる。公明と同程度の20議席台に乗せる可能性がある。

 立憲民主党は40議席台に達する見通しだ。共産党は前回選の11議席を上回る勢いを保っている。

スクラップは会員限定です

使い方
「選挙・世論調査」の最新記事一覧
2478445 0 衆院選 2021/10/28 22:11:00 2021/10/29 08:42:50

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

候補者

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)