読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

  • 公示 10月19日(火)
  • 投開票 10月31日(日)

衆院選の総定数「465」、1051人に審判…あす未明にも大勢判明

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 第49回衆院選は31日、投開票が行われる。与党の自民、公明両党が安定した議席を確保して信任を得られるか、共闘する立憲民主、共産両党などの野党勢力が伸長するかが最大の焦点だ。11月1日未明にも大勢が判明する。

党首らの最後の訴えに聴き入る人たち(30日午後7時33分、東京都内で読売ヘリから)=田村充撮影
党首らの最後の訴えに聴き入る人たち(30日午後7時33分、東京都内で読売ヘリから)=田村充撮影

 総定数は465で、1051人が立候補した。小選挙区選(定数289)は857人、比例選(同176)は817人。うち623人は小選挙区選と比例選に重複立候補した。

 選挙戦では、新型コロナウイルス対策や経済政策、外交・安全保障政策などを巡り、論戦が繰り広げられた。各党党首は30日、全国各地で最後の訴えに臨んだ。

 岸田首相(自民党総裁)は、東京都品川区で「今回の選挙は、未来選択選挙だ。持続可能な経済は誰がしっかりと責任を持てるか。外交・安全保障を自公政権に委ねるのか、共産党、立民政権に委ねるのか。ご判断いただかなければいけない」と強調した。

 公明党の山口代表は東京都江戸川区で、「道筋を明確に描き、現実的に政策を運営できる、実現できる。これは公明党しかない。公明党がいなければ、皆さんの声が届かない」と支持を呼びかけた。

 一方、立憲民主党の枝野代表はさいたま市のJR大宮駅前で、「私たちは(自公政権に代わる)もう一つの選択肢を示している。国民の皆さんの意思で政治を変え、『1億総中流』と言われた社会を取り戻そう」と訴えた。

 共産党の志位委員長は東京都のJR新宿駅前で、「(立民などと)本気の共闘体制が作られ、候補者一本化の力が発揮されている。野党勢力勝利のために頑張り抜く」と語った。

 日本維新の会の松井代表(大阪市長)は大阪市中央区で、「永田町や霞が関にメスを入れ、昭和のままの行政の運営を変えたい」と主張。国民民主党の玉木代表は「最重点選挙区」と位置づける茨城県内の選挙区で党公認候補への支援を求めた。

 れいわ新選組の山本代表、社民党の福島党首、「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」の立花党首も、それぞれ最後の訴えを行った。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2484194 0 衆院選 2021/10/30 22:10:00 2021/10/31 11:17:52 衆院選最終日、党首らの最後の訴えを聞くため、集まった多くの有権者たち(30日午後7時33分、東京都品川区で、本社ヘリから)=田村充撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211030-OYT1I50186-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

候補者

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)