• 公示 10月19日(火)
  • 投開票 10月31日(日)

衆院選投票率は55・93%、戦後3番目の低さ…伸び率が最も高かったのは大阪府

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 総務省は1日、第49回衆院選の投票率を発表した。小選挙区選は55・93%で、2014年の52・66%、17年の53・68%に次ぐ戦後3番目の低水準となった。

総務省
総務省

 自民、公明の与党に対し、共闘を進める立憲民主党など野党勢力が「政権選択」を掲げて臨んだが、民主党が政権交代を果たした09年(69・28%)と比べ、13・35ポイント低かった。

 都道府県別では、山形県(64・34%)が前回に続いてトップで、新潟県(63・16%)、島根県(61・55%)が続いた。最低は山口県(49・67%)だった。前回と比べて伸び率が最も高かったのは大阪府で、7・81ポイント増の56・20%だった。

スクラップは会員限定です

使い方
「選挙・世論調査」の最新記事一覧
2488009 0 衆院選 2021/11/01 17:18:00 2021/11/02 01:24:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211101-OYT1I50146-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

候補者

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)