読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

  • 公示 10月19日(火)
  • 投開票 10月31日(日)

稲田朋美氏、地元で野党は一本化しないと「思い込んでいた」「かなり衝撃受けた」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 衆院選の投開票から一夜明けた1日、福井県内2選挙区の当選者は、記者会見を開くなどして早くも始動した。

6期目への思いを語る稲田さん(福井市で)
6期目への思いを語る稲田さん(福井市で)

 1区で6選を果たした自民の稲田朋美さん(62)は福井市内で記者会見し、「選挙で約束した景気回復や農業政策、感染症対策などの福井の課題をしっかり解決していきたい」と抱負を述べた。

 野党統一候補と1対1の構図となった今回の選挙戦。「1区は一本化しないと思い込んでいたので、かなり衝撃を受けた」と振り返り、「厳しい選挙だったが、前回より票を積み上げるという目標を達成して勝利し、 安堵あんど している」と笑顔を見せた。

 まず取り組みたいこととして、景気回復や米価下落対策などを挙げたほか、「非正規(雇用)の女性などの声を形にしていくのが政治家の役目。社会的弱者への支援は与党の責任で、これからも取り組んでいく」と意欲を見せた。一方、2区で8選を決めた自民の高木毅さん(65)はこの日早速、党務のため東京に戻った。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2489396 0 衆院選 2021/11/02 11:20:00 2021/11/02 14:08:02 6期目への思いを語る稲田さん(福井市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211102-OYT1I50035-T-e1635828518181.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

候補者

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)