読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

  • 公示 10月19日(火)
  • 投開票 10月31日(日)

比例で「民主党」、山形で共産上回る4万2千票集まる…有権者「まぎらわしい」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

投票所の記載台に掲示された政党一覧表。立民と国民の略称は「民主党」となっている(県選管提供)
投票所の記載台に掲示された政党一覧表。立民と国民の略称は「民主党」となっている(県選管提供)
衆院選の開票作業(10月31日夜、山形市落合町の市総合スポーツセンターで)
衆院選の開票作業(10月31日夜、山形市落合町の市総合スポーツセンターで)

 10月31日に投開票された衆院選の比例選で、「民主党」と書かれた投票が、山形県内では4万2807票あったことが、県選挙管理委員会への取材でわかった。立憲民主党、国民民主党がそろって略称を「民主党」としたためで、有権者が思い描いた投票先とは関係なく、「案分票」として、両党に自動的に振り分けられた。

共産党票上回る

 党名で投票する比例選では、投票所の記載台に掲示された略称でも投票できる。公職選挙法では、複数の政党が同じ略称を使うことを認めており、同じ略称が記された票は、各党の得票数に比例して配分される。

 今回、市町村別の開票所では、立民と国民の得票数の比率に応じて、民主党の票数を小数点第4位以下切り捨てで分け、両党に加算した。34市町村で0・001票ずつ、県全体で0・034票が切り捨てられた。

 その結果、民主党と書かれた4万2807票は、立民に3万2205・06票、国民に1万601・906票に分けられた。割合は立民約75%、国民約25%。

 振り分けられた「民主党」票は、公明党の約7万票に次ぎ、共産党の約3万4000票を上回る。

 県選管の担当者は「有権者の苦情の中で、『立憲民主党と国民民主党が同じ略称でまぎらわしい』というものが最も多かった」と明かした。

過去に「りっけん」

 どうして同じ略称になったのか。

 2019年の参院選では、立民の略称は「りっけん」、国民の略称は「民主党」と分かれていた。

 しかし、昨年9月、立民は、合流新党として結党大会を開き、党の規約で略称を「民主党」と定めた。

 一方で、合流新党に加わらずに改めて結党した国民は、略称をそのままにした。国民の党本部は「旧民主の後継として『民主党』の略称を使用していた。それをそのまま引き継いでいる」とする。

「分けていれば」

 立民県連の石黒覚代表は「どうして略称を国民と同じ『民主党』としたのかわからない。略称を分けていれば、比例選でもう1~2議席とれていたかもしれないと思うと極めて残念」と話した。

 立民の党本部の担当者は「略称の変更には規約を改める必要がある。今回は、段取りが間に合わず、変更できなかった」と話した。

 国民県連の青柳安展会長は「衆院選を総括する際に案分票について意見を集約し、党本部に伝えたい」と述べた。

 政党の正式名称については、公職選挙法で、既存の政党と類似した名称の使用は規制されている。県選管の担当者は「略称も規制の対象にしてほしい」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2505536 0 衆院選 2021/11/09 06:50:00 2021/11/09 09:44:05 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211109-OYT1I50001-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

候補者

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)