• 公示 10月19日(火)
  • 投開票 10月31日(日)

枝野氏「自民には底力あった」…代表辞任後の方が「元気で人相いいと言われる」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 立憲民主党の枝野幸男衆院議員が25日、さいたま市内で代表辞任後初のタウンミーティングを開き、辞任の引き金となった10月の衆院選を振り返った。「立民が負けたのではなく、自民党が勝った選挙。自民には底力があった」と総括した上で「4年間でやれることは全てやったと思ったから代表を退いた」と語った。

支持者らを前に話す枝野氏(25日、さいたま市大宮区で)
支持者らを前に話す枝野氏(25日、さいたま市大宮区で)

 代表時代は全国を回り、党勢拡大に腐心する毎日だったが、「政権を取るためには自治体議員の数と質が勝負」と強調。今後は地元活動に注力し、「足腰」強化に努める考えも示した。「日本のお役に立つことがあれば、また出番がある」とも述べた。

 「心配もされるが、代表を降りてからの方が元気で、人相がいいと言われる」と笑顔を見せ、笑いを誘う場面もあった。

スクラップは会員限定です

使い方
「選挙2022・世論調査」の最新記事一覧
2630983 0 衆院選 2021/12/26 13:28:00 2021/12/26 13:28:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211226-OYT1I50036-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

候補者

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)