現在位置は
です

本文です

「首長連合」は民主支持…橋下府知事ら発表

民主党支持を発表した中田・横浜市長と橋下府知事=長沖真未撮影

 大阪府の橋下徹知事と横浜市の中田宏市長は11日、大阪府庁で記者会見し、地方分権政策を巡る自民、民主両党の政権公約(マニフェスト)を検証した結果、衆院選では「首長連合」として民主党を支持すると表明した。

 民主党が政権獲得後に新設する「国家戦略局」や「行政刷新会議」など首相直属機関のメンバーに地方代表を起用する方針を示したことを評価した。橋下知事は「国の形が変わる可能性として民主党に軍配が上がった」と述べた。

 発表した声明文では、民主党について「政権交代というエネルギーを活用して国のあり方を変えることに踏み込もうとしている」と説明。自民党については、中田市長が「一番大きなマイナス要因は、今まで(改革を)やれる立場だったのにやってこなかったことだ」と述べた。

 首長連合は、ほかに中村時広・松山市長、山田宏・東京都杉並区長、露木順一・神奈川県開成町長の計5人からなるが、選挙応援などの対応は各メンバーが独自に判断する。知事選で自民、公明両党の支援を受けた橋下知事は「自公の応援のマイクは握らない。民主のマイクを握ることまではできない」と配慮を見せた。

2009年8月11日18時41分  読売新聞)
現在位置は
です