無条件で日朝会談「賛成」52%…読売世論調査

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 読売新聞社は17~19日、全国世論調査を実施した。前提条件をつけずに北朝鮮の金正恩キムジョンウン朝鮮労働党委員長との会談実現を目指す安倍首相の考えに「賛成」は52%、「反対」は33%だった。

 北朝鮮の核やミサイル問題を解決するため、国際社会が対話と圧力のどちらをより重視すべきかを聞くと、「対話」47%が「圧力」40%を上回った。

 安倍内閣の支持率は55%で前回調査(4月26~28日)の54%からほぼ横ばいだった。不支持率は32%(前回31%)。政党支持率は自民党42%(前回40%)、立憲民主党4%(同4%)、公明党4%(同3%)などの順。無党派層は41%(同40%)だった。

無断転載禁止
591154 0 世論調査 2019/05/19 22:00:00 2019/05/19 22:00:00 2019/05/19 22:00:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ