読売新聞オンライン

メニュー

緊急事態宣言「遅すぎた」81%…読売世論調査

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 読売新聞社が11~12日に実施した全国世論調査で、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府が東京都や大阪府などに緊急事態宣言を発令したタイミングが「遅すぎた」は81%に上った。「適切だった」は15%、「早すぎた」は1%だった。

 政府が緊急事態宣言を出したこと自体は、「評価する」が83%に上った。ただ、外出の自粛要請で「十分だ」とした人は33%で、「不十分だ」59%の方が多かった。

無断転載・複製を禁じます
1163900 0 世論調査 2020/04/13 22:00:00 2020/04/13 23:51:46

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)