読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

五輪に「関心」70%、開催「望まず」58%…読売世論調査

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 読売新聞社が1~2月に実施した全国世論調査(郵送方式)で、東京五輪・パラリンピックに「関心がある」と答えた人は、「大いに」30%と「多少は」40%を合わせ、70%に上った。

 大会開催と新型コロナウイルスの問題を聞くと、「感染拡大の恐れがあるので開催してほしくない」58%が、「感染防止策を徹底して開催してほしい」40%を上回った。男女別では、「開催してほしくない」は女性で62%に上り、男性の53%より多かった。

 大会を開催する場合の観客数は、「観客を最小限にとどめて開催する」が47%、「観客を入れずに開催する」が44%で、「なるべく多くの観客を入れて開催する」は8%だった。大会開催で期待する効果(複数回答)は「景気や雇用の改善につながる」48%が最多だった。

 金メダルの獲得を期待している選手やチーム(自由回答、三つまで)は、バドミントンの桃田賢斗がトップで、内村航平(体操)、野球日本代表「侍ジャパン」などが続いた。

 調査は、新型コロナで東京都、大阪府などに緊急事態宣言が出された期間中の1月19日~2月25日、全国3000人の有権者を対象に実施。2231人(74%)が回答した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1881995 0 世論調査 2021/03/03 05:00:00 2021/03/03 05:33:56

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)