政府のコロナ対応「評価」最低23%、内閣支持43%・不支持46%…読売世論調査

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 読売新聞社が7~9日に実施した全国世論調査で、新型コロナウイルスを巡る政府の対応を「評価する」との回答は23%(前回4月2~4日調査35%)に下がり、同様の質問をした昨年2月以降で最低だった。「評価しない」は68%(同59%)で、最も高かった。

九州国際大付で集団感染、11日に明徳義塾と対戦予定…代表校で6校目

 菅内閣の支持率は43%で、前回の47%から4ポイント低下。不支持率は46%(前回40%)で、2月以来3か月ぶりに不支持が支持を上回った。

 東京都や大阪府など4都府県の緊急事態宣言について、政府が愛知県と福岡県を追加し、期間を今月末までとしたことについては、この期間が「短すぎる」43%、「適切だ」39%、「長すぎる」8%だった。

緊急事態宣言の延長を決定後、記者会見で陳謝する菅首相(7日午後7時4分、首相官邸で)=源幸正倫撮影
緊急事態宣言の延長を決定後、記者会見で陳謝する菅首相(7日午後7時4分、首相官邸で)=源幸正倫撮影

 政党支持率は、自民党37%(前回39%)、立憲民主党7%(同5%)などの順で、無党派層は44%(同43%)だった。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「選挙2022・世論調査」の最新記事一覧
2039403 0 世論調査 2021/05/09 22:02:00 2021/05/09 23:48:33 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210509-OYT1I50090-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)