内閣支持上昇66%、コロナ対策に高評価…読売世論調査

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 岸田内閣の支持率は、昨年10月の内閣発足以降で最高となった。読売新聞社が14~16日に実施した全国世論調査で、内閣支持率は66%となり、前回(昨年12月3~5日調査)から4ポイント上昇。不支持率は22%(前回22%)だった。

ゼロコロナやっているのは「中国・北朝鮮と立憲民主党だけ」…茂木幹事長が批判
岸田首相
岸田首相

 菅前内閣では、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って支持率が低下する傾向がみられたが、今回は変異株「オミクロン株」が急拡大している中で高支持率を維持した。

 政府の新型コロナ対応を「評価する」は52%で、「評価しない」41%を上回った。医療体制を維持するため、軽症者や無症状者らは在宅・宿泊療養も活用する政府の方針を「評価する」は76%に上った。岸田首相が、濃厚接触者となった受験生らを救済するために追試や再追試など柔軟な対応を学校側に求めたことを「評価する」は86%に達した。

スクラップは会員限定です

使い方
「選挙・世論調査」の最新記事一覧
2678909 0 世論調査 2022/01/16 22:00:00 2022/01/17 00:38:25 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220116-OYT1I50081-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)