感染拡大で社会機能維持に「不安」85%、内閣支持は下落し58%…読売世論調査

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

2度目の「まん延防止等重点措置」により休業する店舗(1月21日、高松市で)
2度目の「まん延防止等重点措置」により休業する店舗(1月21日、高松市で)

 読売新聞社が4~6日に実施した世論調査で、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染拡大で社会機能が維持できなくなるという不安を「感じている」人は、「大いに」37%と「多少は」48%を合わせて計85%に達した。

コロナ対応で優先すべきは「経済活動」46%、「感染防止」は45%…読売世論調査
岸田首相
岸田首相

 岸田内閣の支持率は58%で前回(1月14~16日調査)から8ポイント低下した。不支持率は28%(前回22%)。

 政党支持率は、自民党40%(前回41%)、日本維新の会7%(同6%)、立憲民主党5%(同5%)などの順。無党派層は34%(同35%)だった。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「選挙2022・世論調査」の最新記事一覧
2737800 0 世論調査 2022/02/06 22:02:00 2022/02/06 22:02:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/02/20220206-OYT1I50119-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)