東日本大震災11年、「復興に関心ある」83%…読売世論調査

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東日本大震災から間もなく11年。読売新聞社の全国世論調査では、震災からの復興に関心が「ある」と答えた人は、「大いに」31%と「ある程度」52%を合わせて83%に上った。

「奇跡の一本松」
「奇跡の一本松」

 一方、被災地に対する国民の関心が薄れていると「感じる」人は、「大いに」30%と「多少は」55%を合わせて85%を占めた。

 食料の備蓄や避難場所の確認など自然災害への備えを「している」人は、「十分に」7%、「多少は」51%の計58%だった。「していない」は「あまり」28%、「全く」13%の計41%。

 調査は4~6日に実施した。

スクラップは会員限定です

使い方
「選挙2022・世論調査」の最新記事一覧
2814227 0 世論調査 2022/03/06 22:00:00 2022/03/06 22:18:53 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/03/20220306-OYT1I50104-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)