防衛力強化「賛成」64%、「反対」27%を大きく上回る…読売世論調査

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ロシアのウクライナ侵攻や北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射の影響を受け、防衛力強化を求める声が多数を占めた。読売新聞社が1~3日に実施した全国世論調査で、今後、日本が防衛力を強化することに「賛成」は64%で、「反対」の27%を大きく上回った。

9月3日を「軍国主義日本に勝利の日」に…ロシアで法案提出
北朝鮮からのミサイルのニュースを伝える街頭テレビ(3月24日、東京都千代田区で)
北朝鮮からのミサイルのニュースを伝える街頭テレビ(3月24日、東京都千代田区で)

 北朝鮮の核やミサイルを脅威に「感じる」とした人は「大いに」48%と「多少は」38%の計86%に上った。

 一方、外国からミサイル攻撃を受ける前に、相手国のミサイル発射基地などを破壊する「敵基地攻撃能力」を日本が持つことについては、「賛成」「反対」が各46%と二分した。

ウクライナ侵攻、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「選挙2022・世論調査」の最新記事一覧
2891004 0 世論調査 2022/04/03 22:00:00 2022/04/07 10:21:33 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220403-OYT1I50093-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)