読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「国民の結束」呼び掛ける…米大統領就任演説

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 1月20日に、ジョー・バイデン大統領が就任した。世界の中でもひときわ激しい新型コロナウイルスの感染拡大に加え、自分の落選を認めたくない前大統領が巻き起こすさまざまな騒動により、就任式はこれまでにない緊張に包まれた。そんな中で自国民と世界に呼びかけられた就任演説を、英語コミュニケーションを学ぶ視点から4回に分けて読み解いていきたい。(演説文は、ホワイトハウス発表のものを使った)

(演説抜粋)
“This is America’s day. This is democracy’s day. A day of history and hope. Of renewal and resolve.
“Through a crucible for the ages America has been tested anew and America has risen to the challenge.
“Today, we celebrate the triumph not of a candidate, but of a cause, the cause of democracy.
“The will of the people has been heard and the will of the people has been heeded.”

(和訳)
 今日は、アメリカの日だ。今日は民主主義の日だ。歴史と希望の日だ。刷新と決意の日である。
 長年にわたる辛苦のるつぼの中で、アメリカは何度も試され、その試練に立ち向かってきた。
 今日、私たちは勝利を祝う。候補者が勝ったことをではなく、我々が大切にしているもの、民主主義というものの勝利を。
 人々の意志は聞かれた。しっかりと耳を傾けられたのだ。

前任者の名にあえて触れない

 “This is America’s Day.” と、簡潔な言葉で始まる就任演説でまず気づいたのは、最後までトランプ前大統領の名がなかった点だ。大統領に限らず、大小さまざまな役職で交代する際のあいさつでは、まず前任者へのねぎらいやお礼を述べるのが通例だ。

 過去の就任式で、トランプ氏はオバマ氏を、オバマ氏はブッシュ氏の名を挙げ、例えばオバマ氏は2009年、“I thank President Bush for his service to our nation as well as the generosity and cooperation he has shown throughout this transition.”(ブッシュ大統領に、国への献身とともにこの政権移行で示された寛大さと協力に感謝する)と述べた。

 だが今回、その通例は破られた。無理もないだろう。トランプ氏は、大統領選の結果を最後まで認めず、選挙の不正を訴える多数の裁判を連邦や州で起こした。1月6日にはワシントンに集まった支持者をあおり立てた結果、議事堂乱入の暴動まで起こった。就任式も欠席した。民主主義の手続きを大きく傷つけた人物に、形だけでも触れることさえ、気持ちが許さなかったのだろう。

将来像を示してきた歴代の演説

 大統領に限らず、リーダー就任の演説を煎じ詰めれば、「課題の提示」「原因の分析」「解決法の提案」となるだろう。

 それを軸に、就任式の意義や目指すべき国の将来像を描き、共に歩むよう国民を鼓舞する。それらの表現に、歴代大統領の個性が豊かに表れている。ここでは、09年のオバマ大統領の就任演説を見てみたい。

(演説抜粋)
“That we are in the midst of crisis is now well understood. Our nation is at war against a far-reaching network of violence and hatred. Our economy is badly weakened, a consequence of greed and irresponsibility on the part of some, but also our collective failure to make hard choices and prepare the nation for a new age.”

(和訳)
 我々が危機のまっただ中にいることは十分に理解されている。我が国は、広くはびこる暴力と憎悪のネットワークとの戦争状態にある。経済はひどく弱められた。それは一部の者による強欲と無責任の結果だが、同時に、新しい時代に国が備えるために厳しい選択をしなかった、我々の集団的怠慢の帰結でもある。

残り:1276文字/全文:3232文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1856386 0 ちょい読み英語 2021/02/20 13:28:00 2021/02/20 13:28:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210217-OYT8I50069-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)