2018中間選挙、アメリカ国民の審判

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 トランプ政権の2年間に米国の有権者が下した審判は、上下両院で多数派が異なる「ねじれ」だった。

 米中間選挙の投票が6日(米国時間)に行われ、即日開票された。改選されたのは連邦議会下院の全435議席と上院100議席のうちの35議席。

 開票の結果、上院は共和党、下院は民主党がそれぞれ多数派となった。下院を民主党に奪還されたことで、トランプ政権は今後、厳しい議会運営を迫られる。

孫2人とともに登壇し、下院における民主党の勝利を喜ぶナンシー・ペロシ院内総務(中央)=ロイター
孫2人とともに登壇し、下院における民主党の勝利を喜ぶナンシー・ペロシ院内総務(中央)=ロイター
中間選挙から一夜明けた7日、ホワイトハウスで記者会見に臨むトランプ大統領=AP
中間選挙から一夜明けた7日、ホワイトハウスで記者会見に臨むトランプ大統領=AP

開票状況

上院

日本時間9日午前10時現在。議席数は米CNNによる
日本時間9日午前10時現在。議席数は米CNNによる

下院

日本時間9日午前10時現在。議席数は米CNNによる
日本時間9日午前10時現在。議席数は米CNNによる


リアルタイム解説…調査研究本部主任研究員(元ワシントン特派員)・大内佐紀

「大きな勝利」にたくさんのお祝い…トランプ大統領

 中間選挙投開票から一夜明けた、米東部時間7日早朝(日本時間同日夜)、トランプ大統領が公式ツイッターに「我々の大きな勝利について、もう、たくさんのお祝いをもらった。通商協定について、私に期待する外国(の友人たち)からもだ」と投稿。

 「大きな勝利」は上院での共和党議席上積みを指すと見られる。トランプ氏はかねてより、中間選挙で共和党が仮に議席を減らしても、自らの責任ではないとの考えを示してきた。(日本時間7日午後8時40分)

「米国の分断」拡大のおそれ

 2020年の再選に向け、トランプ氏は民主党が過半数を握ることになる下院とどう向き合うのか。メキシコとの国境に壁を作る、大型減税を実施する、などのトランプ氏の公約実現を下院が阻止する方向に動くことは間違いない。

 また、今後、下院はロシア疑惑や、トランプ氏が公表を拒んでいる過去の納税記録について、一層、攻勢を強めるだろう。

 「敵」を作り、容赦なく攻撃することで知られるトランプ氏が、民主党と時には妥協して超党派で協力する道よりも、鋭く対立する道を選ぶのは時間の問題と見られる。2020年に向け、トランプ政権の発足以来際立つ「米国の分断」が一層、広がりかねない。(日本時間7日午後8時10分)

ネバダ上院選、民主党が奪回

 CNNによると、接戦となっていた西部ネバダ州の上院選で、共和党現職の議席を民主党の女性候補ジャッキー・ローゼン下院議員が奪回する見通しとなった。(日本時間7日午後4時40分)

トランプ大統領、下院民主党の勝利を祝福

 AP通信によると、トランプ米大統領は民主党下院トップのペロシ院内総務に電話をかけ、下院での民主党勝利に祝意を示した。共和党の上院院内総務マコネル議員とも電話で話したという。(日本時間7日午後4時12分)

この選挙の勝者は…Wポスト紙

 有力紙ワシントン・ポスト(電子版)は、「中間選挙の勝者と敗者」と題した分析記事で、勝者の筆頭に民主党を挙げ、「上院は共和党が過半数を維持したが、これは改選議席の数から当然のことだ。一方、民主党が両院のうちの一つを奪還したことは大きい」とした。

 一方で、上院で議席を上積みすることが確実な共和党のミッチ・マコネル院内総務も「勝者」の1人に入れ、皮肉まじりに「今後とも、大統領の指名する最高裁判事を承認し続けられる」と伝えた。

 別の「勝者」にあげられたのが、「民主党の多様性」。イスラム教徒と原住民の女性各2人ずつ計4人が初めて下院に、同性愛者であることを公言している男性が初めて州知事に当選し、またかつてないほど多くの女性議員が誕生する見通しだとした。(日本時間7日午後3時20分)

ミズーリ上院選、民主党現職が敗北

 AP通信によると、中西部ミズーリ州の上院選で、民主党現職が共和党候補に敗北。民主党が失った上院の議席はインディアナ、ノースダコタ両州と合わせて少なくとも3つになった。(日本時間7日午後3時5分)

「分断浮き彫り」…NYタイムズ

 有力紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は、「トランプ氏への信任投票となった選挙の結果、割れる」と題した分析記事を掲載。「異例に高い投票率に後押しされ、民主党は下院で少なくとも25議席を上積みする」とした上で、「政治面でも、文化面でも(米国の)分断が進んでいることが浮き彫りになった」と指摘した。(日本時間7日午後3時)

トランプ大統領「すばらしい成功」

 トランプ大統領は公式ツイッターに「今宵は、すばらしい成功だった。みんなありがとう!」と投稿した。(日本時間7日午後2時46分)

ペロシ院内総務「新しい1日が始まる」

 民主党下院ナンバー1のナンシー・ペロシ院内総務がワシントン市内で満面の笑みを浮かべつつ演説、「明日、米国の新しい1日が始まる」と下院の奪還について勝利宣言。「トランプ政権に対する議会のチェック機能が強化される」と述べ、医療保険制度、税制、銃規制などで「国民のために戦う」と述べた。「米国の分断はもうたくさん」「国民の団結を大事にする」とも語ったが、トランプ政権との対決姿勢を強めることは必至。(日本時間7日午後1時44分)

NY下院、急進左派系の民主党候補が当選確実

 CNNによると、ニューヨーク州の下院14選挙区では、民主党予備選で党の重鎮を破り注目された新人候補のアレクサンドリア・オカシオコルテス氏(29)が当選確実に。社会主義団体メンバーで、民主党内で台頭する急進左派系。ほんの1年前まではレストランのウェートレスだったオカシオコルテス氏は来年1月、最年少の米連邦下院女性議員となる。(日本時間7日午後1時33分)

ハワイ上院、日系の民主現職が当選確実

 CNNによると、ハワイ州上院選では民主党現職で日系のメイジー・ヒロノ氏が当選確実。(7日午後1時31分)

フロリダ州知事選、「ミニ・トランプ」候補が当選確実

 CNNによると、フロリダ州知事選では共和党のロン・デサンティス候補(40)が当選確実に。トランプ氏を称賛してやまない、ミニ・トランプ候補の代表格だ。州知事は10年ごとに行われる下院の選挙区割り見直しに影響力を持ち、州の予算配分などにも大きな権限を持つ。トランプ氏は2020年をにらみ、州知事選での共和党候補テコ入れに尽力した。(日本時間7日午後1時5分)

下院民主229、共和206…NBC

 NBCは、下院(全435議席)では民主党が229議席、共和党が206議席になると予測。(日本時間7日午後0時52分)

ホワイトハウスと議会の対立激化へ

 下院を握る民主党は、トランプ大統領のロシア疑惑で、大統領の罪を問うための起訴にあたる「弾劾(だんがい)訴追」を議決することも可能となる。実際に弾劾の是非を議決するのは共和党が引き続き多数派となる上院だが、ホワイトハウスと下院の緊張が高まるのは必至。トランプ氏が再選を目指すと公言している2020年の大統領選に向け、共和党と民主党の対立もますます深まりそうだ。(日本時間7日午後0時49分)

ノースダコタ上院、民主党現職が敗北

 CNNによると、民主党はノースダコタ州の上院選でも現職が敗北。現有議席を失うのはインディアナ州に続き2つ目となる。(日本時間7日午後0時38分)

トランプ政権の議会運営厳しく

 民主党が下院を支配することより、トランプ大統領は就任からの2年間より、厳しい議会運営を強いられる。大統領が新たに打ち出した中間層向けの減税にしても、カナダやメキシコとの新たな通商協定にしても、下院の承認が必要だ。(日本時間7日午後0時36分)

クルーズ氏が当選確実

 CNNによると、テキサス州上院選は共和党現職のクルーズ議員が当選確実。オローク氏、力及ばず。クルーズ氏は2年前の大統領選予備選ではトランプ氏と指名を争い、罵倒し合ったが、今選挙では支援を仰ぎ、トランプ大統領もテキサス州に遊説に訪れていた。(日本時間7日午後0時32分)

新議会は「ねじれ」に

 FOXテレビに続き、NBCテレビも下院は民主党が奪還と伝える。来年1月に召集される新議会は、上院は共和党、下院は民主党が過半数というねじれ状態になる見通し。(日本時間7日午後0時29分)

上院は共和党が過半数維持へ…ABCテレビ

 ABCテレビが、上院では共和党が過半数維持と伝える。(日本時間7日午後0時22分)

クルーズ氏逆転、接戦続く

 CNNによると、テキサス州上院選は開票率78%の段階で共和党現職のクルーズ上院議員が民主党のオローク候補を逆転。得票率はクルーズ氏50.9%、オローク氏48.5%と接戦が続く。(日本時間7日午後0時15分)

先住民女性初の連邦議員誕生

 CNNテレビによると、中西部カンザス州の下院選では民主党のシャリス・デービッツ候補が当選確実に。デービッツ候補は先住民女性初の連邦議員となる。(日本時間7日午後0時12分)

共和党・ロムニー氏当選確実

 CNNテレビによると、西部ユタ州の上院選では共和党のミット・ロムニー候補が当選確実に。ロムニー氏は2012年の大統領選共和党候補者で、北東部マサチューセッツ州の元知事。(日本時間7日午後0時5分)

下院は民主党が奪還へ…FOXテレビ

 保守系のFOXテレビが、下院は民主党が奪還する見通しと伝える。(日本時間7日午前11時42分)

上院、民主の議席減は「確実」

 CNNテレビの解説者は、「上院で民主党が議席を減らすのは確実だ」と予測。現有議席(定数100)は共和党51議席、無所属を含む民主党系49議席。(日本時間7日午前11時40分)

テネシー知事、共和党が当選確実

 AP通信によると、南部テネシー州では州知事選でも共和党候補が当選確実に。(日本時間7日午前11時34分)

テネシー上院、共和党が当選確実

 NBCテレビなどによると、南部テネシー州上院選では共和党候補のマーシャ・ブラックバーン下院議員が当選確実。同州は保守の地盤だが、人気歌手テイラー・スウィフトさん(28)が10月上旬、インスタグラムで民主党支持を打ち出し、注目されていた。(日本時間7日午前11時21分)

ウェストバージニア上院、民主党が当選確実

 CNNテレビによると、ウェストバージニア州上院選では、民主党ジョー・マンチン上院議員が当選確実。同州は2016年の大統領選でトランプ氏が圧勝している。マンチン議員は、ブレット・カバノー連邦最高裁判事の議会承認の際、民主党から唯一、賛成票を投じた。(日本時間7日午前11時16分)

「ブルーウェーブ」起きていない

 CNNの解説者は、「民主党が下院を奪還する可能性はあるが、『ブルーウェーブ(青い波)』という状況にはなっていない」とコメント。民主党のシンボルカラーは青、共和党は赤。(日本時間7日午前11時8分)

テキサス州知事、共和党現職が当選確実

 CNNテレビによると、テキサス州の州知事選は共和党の現職が当選確実。(日本時間7日午前11時5分)

インディアナ上院、共和党が奪還へ

 ABCテレビによると、インディアナ州上院選では共和党の候補が民主党現職から議席を奪還する見通し。インディアナ州はペンス副大統領が州知事を務めていた。(日本時間7日午前11時)

テキサス上院、クルーズ氏が予想外の苦戦

 もう一つの大票田テキサス州上院選では、CNNによると開票率46%の段階で共和党現職テッド・クルーズ候補が予想外の苦戦。テキサス州は伝統的に共和党が強いが、ロバート・ケネディの再来とも言われるベト・オローク下院議員が53.1%でクルーズ氏の46.2%をリード。(日本時間7日午前10時40分)

フロリダは上院も大接戦

 CNNによると、大票田フロリダ州は、上院でも現職の民主党ビル・ネルソン候補と、州知事からの転身を狙う共和党のリック・スコット候補が大接戦となっている。(日本時間7日午前10時25分)

フロリダ州知事選、「ミニ・トランプ」候補大接戦

 米中間選挙、開票進む。CNNによると、注目のフロリダ州知事選は開票86%でミニ・トランプとも言われる共和党候補のロン・デサンティス前下院議員(40)と民主党候補のアンドリュー・ギラム・タラハシー市長が50.1%対49.9%で大接戦となっている。(日本時間7日午前10時20分)

最新ニュース

◆中間選挙関係ニュース一覧

→リンク先のページで再読み込み(ctrl+f5など)すると、関連ニュースを確認できます。

仕組みと特徴

下院は全435議席、上院は35議席改選

5日、オハイオ州クリーブランドで開かれた共和党の集会で演説するトランプ大統領(ロイター)
5日、オハイオ州クリーブランドで開かれた共和党の集会で演説するトランプ大統領(ロイター)

 4年ごとに実施される大統領選の中間の年に、上下両院の議員、州知事、地方議員などを一斉に決める選挙が「中間選挙」だ。連邦法の規定で大統領選と同じ「11月の第1月曜日の次の火曜日」に行われる。

 任期2年の下院は、全議席(435議席)が改選される。任期6年の上院は、2年ごとに定数100のうち3分の1ずつが改選されるため、今回の中間選挙では、補欠選挙の2議席を含め35議席が争われる。

 下院の州ごとの議席数は、各州にまず1議席を割り当てた後、残りの議席を人口に応じて配分している。最多のカリフォルニア州は53議席となる。小さな選挙区も多く、資金力のない新人などが比較的挑戦しやすいとされる。

 上院では、州全体が一つの選挙区で、人口の多い少ないにかかわらず各州に2議席ずつ配分。補選は別として、中間選挙が行われる州で1度に改選されるのは1人だ。候補には、下院議員からのくら替え組など、知名度や資金力のある人が多いとされる。

 中間選挙で各党は、知事選にも全力を挙げる。今回はニューヨーク州やカリフォルニア州、フロリダ州など全50州の7割超の36州で実施される。

焦点は?

「トランプ現象」継続か「青い波」席巻か

5日、バージニア州フェアファックスで、民主党の選挙ボランティアの前にサプライズ登場、握手をするオバマ前大統領(AP)
5日、バージニア州フェアファックスで、民主党の選挙ボランティアの前にサプライズ登場、握手をするオバマ前大統領(AP)

 与党・共和党が上下両院の過半数を維持できるかどうかが、今回の中間選挙の最大の焦点だ。2016年大統領選でトランプ氏を勝利させた白人労働者らの「トランプ現象」が継続するのか、民主党が反トランプの「波」を起こしてトランプ共和党をのみ込むのかが注目される。

 現在の議席数は、下院が共和235、民主193、欠員7、上院が共和51、民主49となっている。

下院…民主が過半数奪還に向け、攻勢に

 世論調査では、民主党が下院の過半数奪還に向けて優位に立っている。政治情報サイト「リアル・クリア・ポリティクス(RCP)」によると、トランプ氏の現在の平均支持率は43.5%で、同時期では歴代最低レベルに低迷している。同程度の支持率で臨んだ大統領は軒並み敗北しており、トランプ氏の不人気ぶりは共和党にとって逆風となりそうだ。

上院…共和有利の構図の中、接戦に

 上院は35議席が争われ、共和42議席、民主23議席は非改選だ。このため、共和党は中間選挙で、35選挙区中8選挙区で勝てば50議席に到達し、議長を務める副大統領を含めて過半数を確保できる。35議席中26議席は現在、民主系の議席だが、民主が多数派になるには28選挙区以上での勝利が必要だ。共和に有利な構図の中、民主が接戦に持ち込んでいる。

 民主党はトランプ氏の不人気ぶりを追い風に、シンボルカラーの青にちなんだ「ブルー・ウェーブ(青い波)」を起こす戦略だ。女性候補を大量擁立し、トランプ氏に反発する女性票に狙いを定める。オバマ前大統領が応援に駆け回り、無党派層の掘り起こしも図る。

 しかし、トランプ氏は大統領選で訴えた「米国第一」の公約実現を追求する姿勢を徹底的にアピールし、共和党内では依然として8割前後の高い支持率を維持している。低支持率は、民主党支持層が一貫して不支持のためで、共和党支持者たちの間に失望感は広がっていない。トランプ氏への協力を訴える同党候補も多い。

米議会の推移数
米議会の推移数

無断転載・複製を禁じます
49470 0 まとめ読み 2018/11/09 10:01:00 2018/11/09 10:01:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181108-OYT8I50004-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ