文字サイズ

    「卍」はそのまま、外国人向けに地図記号15種

     訪日外国人の急増や東京五輪・パラリンピックを控えていることを受け、外国人が理解しやすい地図記号を検討してきた国土地理院は30日、15種類を外国人向けに指定した。

     観光客が利用するホテルや緊急時に使われる病院などを対象に、新たに作成したり、修正したりした。観光案内所で配る地図などの使用を想定し、日本人向けでは従来の地図記号を使う。

     ホテルの従来の記号は、「ヘリポートと勘違いする」との指摘があり、外国人向けは人が横たわるベッド脇に電気スタンドを置いた。寺院の記号「卍」は、三重の塔にすることを検討したが、「歴史ある記号を尊重すべき」という意見が多く寄せられ、今回は見送った。ただ、ナチス・ドイツのマークを連想させるという指摘もあり、「Temple」との併記などを検討する。

    2016年03月30日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP