文字サイズ

    北朝鮮へニット不正輸出、中国籍の女逮捕

     北朝鮮にニット生地を不正輸出したとして、大阪府警は1日、大阪市西区の貿易会社の元社員で中国籍の唐暁茜容疑者(38)(横浜市保土ヶ谷区)を外為法違反(無承認輸出)容疑で逮捕し、関係先として同社など約10か所を捜索した。

     唐容疑者は北朝鮮への輸出が全面禁止された2009年6月以降、複数回輸出していたとみられ、府警は裏付けを進める。

     発表によると、唐容疑者は貿易会社で勤務していた11年頃、経済産業相の許可を得ずに、同市住之江区の大阪南港からコンテナ1箱分のニット生地(約170万円相当)を中国・大連経由で北朝鮮へ輸出した疑い。府警は同社の関与の有無も調べる。

    2016年03月01日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP