文字サイズ

    曽我ひとみさん夫、ジェンキンス氏死去…77歳

    • 拉致被害者の曽我ひとみさん(右)とインドネシアで再会し羽田空港に到着した夫のチャールズ・ジェンキンスさん(中央)(2004年7月18日撮影)
      拉致被害者の曽我ひとみさん(右)とインドネシアで再会し羽田空港に到着した夫のチャールズ・ジェンキンスさん(中央)(2004年7月18日撮影)

     新潟県佐渡市在住で、北朝鮮による拉致被害者の曽我ひとみさん(58)の夫、チャールズ・ジェンキンスさんが11日、亡くなった。

     77歳だった。佐渡市や支援団体の「曽我さん母娘を救う会」の関係者によると、同市内で倒れ、病院で死亡が確認されたという。

     ジェンキンスさんは1940年、米ノースカロライナ州生まれ。在韓米軍に所属していた65年、北朝鮮側に脱走。78年に拉致された曽我さんとは80年に結婚し、2人の娘をもうけた。北朝鮮では軍学校で英語教師などを務めていた。

     2002年に帰国した曽我さんを追うように、04年に娘2人と北朝鮮を出国。経由地のインドネシアでは曽我さんと再会し、熱い抱擁を交わした。日本の地に降り立ち、脱走などの罪で米軍の軍法会議を受け、禁錮30日の判決を受けて服役。その後、曽我さんの出身地の佐渡市で暮らしていた。

    (ここまで365文字 / 残り236文字)
    2017年12月12日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP