文字サイズ

    韓国特使、安倍首相に正恩氏との会談内容説明か

    • 韓国の徐薫国家情報院長(左)との会談に臨む安倍首相(13日午前10時58分、首相官邸で)=青山謙太郎撮影
      韓国の徐薫国家情報院長(左)との会談に臨む安倍首相(13日午前10時58分、首相官邸で)=青山謙太郎撮影

     安倍首相は13日午前、韓国の特別使節団の一員として北朝鮮を5~6日に訪問した徐薫ソフン国家情報院長と首相官邸で会談し、北朝鮮の非核化に向けて日韓、日米韓で連携する方針を確認した。

     首相は会談の冒頭、「非核化に向けて北朝鮮が具体的な行動を取ることによって、その言葉を実践することが極めて重要だ」と述べた上で、日米韓の連携で核・ミサイル・拉致問題の解決を目指す考えを示した。

     徐氏は日韓両国の首脳が協力する重要性を強調し、「金正恩キムジョンウン朝鮮労働党委員長が自分の言葉で非核化への意思を明らかにしたのは、とても意味のあることだ」と語った。

     徐氏は金正恩氏やトランプ米大統領と会談しており、首相に対して一連の会談内容を詳しく説明した。

    (ここまで321文字 / 残り126文字)
    2018年03月13日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP