韓国船が瀬取り未遂か…政府、韓国に調査要請

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 韓国船籍のタンカーが今月上旬、東シナ海の公海上で北朝鮮船籍のタンカーに横付けしているのを、警戒中の海上自衛隊が確認していたことが分かった。

 日本政府は、洋上で石油精製品などを移し替えて密輸する「瀬取り」をしようとしていた疑いがあるとして、韓国政府に事実関係を調査するよう求めた。韓国船籍の瀬取りへの関与が確認されれば、初めてとなる。

 複数の政府関係者が明らかにした。一方で、韓国船籍のタンカーからは、積み荷を移し替えて重量が変わることに伴う喫水の変化が確認されなかった。このため、実際の瀬取りは未遂に終わったとみられる。韓国船籍のタンカーはその後、韓国国内に帰港したという。

 瀬取りは国連安全保障理事会決議違反に当たり、海自は昨年12月から監視活動を行っている。日本政府は今年1~2月、北朝鮮が関与した瀬取りの疑いがある事例を4件公表した。

21499 0 政治 2018/05/13 19:38:00 2018/05/13 19:38:00 2018/05/13 19:38:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ