正恩氏「制裁苦痛、早期解除を」習氏に協力要請

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=豊浦潤一】北朝鮮の金正恩キムジョンウン朝鮮労働党委員長が6月19、20日に北京で習近平シージンピン中国国家主席と会談した際、「経済制裁で大きな苦痛を受けている。米朝首脳会談を成功裏に終わらせたのだから、制裁の早期解除に努めてほしい」と協力を要請していたことがわかった。習氏は「最大限努力する」と応じたという。

 中朝首脳会談の内情に詳しい複数の中朝関係筋が読売新聞に明らかにした。

 中国が6月28日、ロシアと共に、国連安全保障理事会のメンバー国に対北制裁緩和を求める声明案を配布したのも、正恩氏の要請を受けた動きとみられる。

 会談で正恩氏は、習氏に対し、非核化の進展に応じて米国が段階的な補償を行うべきだとする自身の主張に中国が同調するよう改めて求めた。正恩氏は制裁解除を「段階的な補償」の柱と位置付けている模様だ。

 正恩氏は、北朝鮮が非核化しても米国が見返りを提供しなかった場合、中国が北朝鮮の体制の安全を保証し、経済問題を解決してくれるよう習氏に求めた。正恩氏が中国に要求した体制保証について中朝関係筋は、「改革・開放導入に伴う情報流入などにより独裁体制が揺らいだ場合、中国が金正恩政権支持を明言し、擁護すること」と説明した。

 習氏は「北朝鮮の改革・開放を支持し、それに伴う諸問題に関して積極的に協力する」と表明した。

 正恩氏は米朝首脳会談で初対面したトランプ米大統領に関し、「話が通じる。度量が大きい」と好印象を語った。習氏は「焦らず、今後も中国と協議しつつ対米交渉を進めてほしい」と述べ、正恩氏の急速な対米接近をけん制したという。

30068 0 国際 2018/07/01 18:25:00 2018/07/01 18:25:00 2018/07/01 18:25:00

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ