文字サイズ

    文大統領、「革命の聖地」白頭山訪問…正恩氏と

    • 20日、白頭山に向かうため平壌の順安空港に到着した文在寅韓国大統領(左から2人目)。左は金永南・北朝鮮最高人民会議常任委員長(平壌写真共同取材団)
      20日、白頭山に向かうため平壌の順安空港に到着した文在寅韓国大統領(左から2人目)。左は金永南・北朝鮮最高人民会議常任委員長(平壌写真共同取材団)

     【ソウル=水野祥】北朝鮮を訪問中の韓国の文在寅ムンジェイン大統領は20日、韓国大統領として初めて北朝鮮北部の白頭山ペクトゥサン(標高2744メートル)を訪れ、金正恩キムジョンウン朝鮮労働党委員長とともにケーブルカーなどを使って山頂に登った。北朝鮮は白頭山を、金日成キムイルソン主席が抗日闘争で拠点とし、金正日キムジョンイル総書記が誕生した「革命の聖地」として「金王朝」の世襲独裁の宣伝に利用しており、文氏の訪問は波紋を呼びそうだ。

     文氏は20日朝、平壌から空路で白頭山近くの三池淵空港まで移動した。そこで正恩氏と合流し、山頂付近のカルデラ湖「天池」を視察した。韓国大統領府によると、両首脳の夫人や康京和カンギョンファ韓国外相が同行した。

     登山が趣味の文氏が4月の南北首脳会談の際、正恩氏に「(中朝国境の白頭山に)北朝鮮側から必ず行ってみたい」と語ったことを受け、正恩氏が招待した。

    (ここまで403文字 / 残り161文字)
    2018年09月20日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP