文字サイズ

    東京五輪の準備「順調でない」63%…読売調査

     読売新聞社は、スポーツに関する全国世論調査(郵送方式)を実施した。

     2020年東京五輪・パラリンピックの開催準備が「順調に進んでいる」と思う人は33%で、昨年の16%からほぼ倍増したが、「そうは思わない」が63%(昨年82%)となお半数を超えている。

     東京五輪・パラリンピックに「関心がある」と答えた人は81%(昨年82%)。ただ、「大いに関心がある」と答えた割合は36%(同39%)となり、16年の42%から2年連続で低下した。

     開催に向けて力を入れるべきこと(複数回答)は、昨年に続いて「テロ対策の強化」51%(昨年44%)がトップ。2位の「道路や交通機関などの整備」34%(同27%)と3位の「大会開催費用の縮減」26%(同33%)は、順位が逆転した。

    (ここまで330文字 / 残り190文字)
    2018年03月16日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP