文字サイズ

    「18歳成人」賛成42%反対56%…読売世論調査

     成人年齢を20歳から18歳に引き下げる民法改正案が24日、衆院本会議で審議入りした。

     読売新聞社はこれに先立ち、成人年齢引き下げに関する全国世論調査(郵送方式)を実施した。引き下げに「賛成」と答えた人は42%で、「反対」の56%を下回った。年代別でも全ての年代で「反対」が5割を超えており、国民的理解が深まっていないことがわかった。

     政府・与党は同法案を今国会で成立させ、2022年4月に施行したい考えだ。成立すれば、約140年ぶりの成人年齢見直しとなる。

     今回の世論調査は3月13日~4月18日、全国の有権者3000人を対象に実施し、1936人から回答を得た(回答率65%)。16年に20歳以上を対象に実施した調査では「賛成」45%、「反対」54%、18、19歳対象の調査では「賛成」35%、「反対」64%だった。

    (ここまで359文字 / 残り670文字)
    2018年04月25日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP