北方領土問題「解決向かわず」62%…読売調査

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 読売新聞社が23~25日に実施した全国世論調査で、安倍首相とロシアのプーチン大統領が、北方領土4島のうち、歯舞はぼまい色丹しこたんの2島を引き渡すとした日ソ共同宣言を基礎に、平和条約交渉を加速させると合意したことを「評価する」は64%に上った。その一方、今後、北方領土問題が解決に向かうと「思わない」は62%に上り、否定的な見方が半数を超えた。

 ロシアとの北方領土返還交渉に臨む政府の姿勢については、「2島の返還を先に実現し、残りの島の返還交渉を続ける」58%、「4島が一括して返還されるようにする」25%、「2島の返還で決着させる」11%の順だった。

50809 0 政治 2018/11/25 22:00:00 2018/11/25 22:00:00 2018/11/25 22:00:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ