文字サイズ

    原発事故避難者ら対象、高速道無料を2年間延長

     東京電力福島第一原発事故の避難者らを対象とした高速道路料金の無料措置について、国土交通省や東日本高速道路などは、2020年3月末まで2年間延長する方針を固めた。

     混雑緩和のため、本人であることを証明するカードを料金所で提示する新たな仕組みも始める予定。22日にも正式に発表する。

     原発事故時、同原発20キロ圏内に設定された旧警戒区域などに住んでいた住民が対象。無料措置は来年3月末までだったが、避難者の生活再建が不透明な部分があることなどから、住民や各自治体から延長を求める声が出ていた。

     これまで免許証や証明書を料金所で提示していたが、渋滞につながるとの指摘もあるため、手続きを簡素化する新たなカード発行も予定している。

    2017年12月22日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP