文字サイズ

    福島第一2号機格納容器に核燃料…溶融し落下か

    • 2号機格納容器内をライトで照らしながら撮影を行うカメラ(右、国際廃炉研究開発機構提供)
      2号機格納容器内をライトで照らしながら撮影を行うカメラ(右、国際廃炉研究開発機構提供)
    • 福島第一原発2号機の内部調査の様子。中央のL字形の部分が核燃料集合体の取っ手(国際廃炉研究開発機構提供)
      福島第一原発2号機の内部調査の様子。中央のL字形の部分が核燃料集合体の取っ手(国際廃炉研究開発機構提供)

     福島第一原子力発電所2号機の原子炉格納容器の底部で19日、核燃料集合体の取っ手が落ちているのをカメラが撮影した。

     炉心溶融(メルトダウン)を起こして落下した燃料の一部とみられる。核燃料の部品とはっきりとわかるものが見えたのは、今回が初めて。

     カメラ付きのパイプを格納容器に入れて、画像を撮影した。見つかった部品は、燃料交換機が核燃料を抜き差しする際につかむハンドルで、本来は核燃料を束ねた燃料集合体の最上部に付いている。ハンドルの周囲には、溶融燃料と炉内構造物が混ざった「燃料デブリ(残骸)」らしき堆積たいせき物も見つかった。

    2018年01月19日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP