文字サイズ

    福島第二で冷凍機室火災、放射線量に影響なし

     8日午前9時頃、東京電力福島第二原発(福島県富岡町、楢葉町)構内にある廃棄物処理建屋2階の冷凍機室から出火、同原発の自衛消防隊が消火活動を行い、地元消防が約40分後に鎮火を確認した。

     けが人はおらず、周囲の放射線量に影響はないという。送風機のモーターが火元となった可能性があり、消防や東電が詳しく調べている。

     東電によると、同原発は東日本大震災で1~4号機全てが自動停止し、現在も運転を再開していない。同建屋は、低レベル放射性物質を含む液体をボイラーで加熱したり、放射性物質が付着した作業着などを燃やしたりして処理する施設。冷凍機室には、空調設備の室外機などが置かれている。

    2018年02月08日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP