トリチウム水の処分方法で公聴会…経産省

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 経済産業省は31日、東京電力福島第一原子力発電所で発生した処理水(トリチウム水)の処分方法について国民から意見を聞く公聴会の参加募集を始めた。公聴会は8月30日に福島県富岡町で、同31日に同県郡山市と東京都千代田区内で開催される。

 会場で意見を表明したい人は8月16日正午までに、傍聴だけを希望する場合は同23日正午までに経産省の事務局宛てにメールを送るなどして申し込む。申し込み方法などは、経産省ウェブサイト(http://www.meti.go.jp/)の災害関連情報「廃炉・汚染水対策」のページに掲載されている。

34552 0 国内 2018/07/31 23:24:00 2018/07/31 23:24:00 2018/07/31 23:24:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ