福島から送付の汚染土、環境省が誤って廃棄

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 環境省は14日、東京・霞が関の庁舎内で保管していた放射性物質の汚染土約10キロ・グラムを誤って廃棄したとみられると発表した。土壌は東京電力福島第一原発事故後、同省に送付されたもので、放射線量は低く、安全に問題はないとしている。

 同省によると、2011年11月に2度、土などが入った段ボールが同省に届いた。差出人は福島市の住民とみられ、「自宅の庭で採取した」と説明が添えられていた。同省はキャビネットに入れて、庁舎地下2階の車庫に保管。しかし、保管していることは職員間で引き継がれず、今年1月の片づけの際に、キャビネットごと廃棄した可能性が高いという。

 同省は「適切に保管できておらず、弁解の余地もない」とし、担当職員の処分を検討している。

36819 0 国内 2018/08/15 08:00:00 2018/08/15 08:00:00 2018/08/15 08:00:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ