新元号の公表、来年2月24日以降に…政府検討

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は2019年5月1日の皇太子さまの即位・改元に伴う新元号の公表を、天皇陛下の在位30年を祝う19年2月24日の記念式典以降とする方向だ。

 公表から改元までの期間は最長で約2か月となる。これに関連し、政府は30日、陛下の退位と皇太子さまの即位に向けた式典準備委員会で、新天皇が国内外に即位を宣言する「即位礼正殿せいでんの儀」を19年10月22日に行うことなどを決めた。

 元号の発表時期を巡っては、政府は当初、官民のシステム改修など国民生活への影響を考慮し、改元の半年前をめどに公表する方向だった。しかし、調査した結果、システム改修が想定より短期間で対応できることが判明した。一方、早期に新元号を発表すると、新天皇に国民の関心が向かい、陛下と新天皇の「二重権威」が生じることへの懸念もあった。

 これを踏まえ、19年2月24日に東京都千代田区の国立劇場で開かれる「天皇陛下ご在位三十年記念式典」の開催後、陛下の公務に区切りがついた時期での公表が望ましいと判断した。

 30日の式典準備委では、退位・即位に関連する儀式などの基本方針を決めた。一連の儀式について「憲法の趣旨に沿い、皇室の伝統等を尊重したものとする」と明記し、平成の代替わりの際の基本的考え方や内容を「踏襲されるべきもの」と位置づけた。

 皇太子さまの即位の礼として、「即位礼正殿の儀」など5儀式を国事行為とする。政府の行事としては、首相夫妻が主催する晩さん会を開く。19年5月1日には、皇室に由緒ある品を引き継ぐ「剣璽けんじ等承継の儀」に続き、新天皇として首相らに初めて会われる「即位後朝見の儀」も行う。

 19年10月22日は「即位礼正殿の儀」のほか、新天皇がパレードされる「祝賀御列おんれつの儀」を行う。国内外の要人らを招く「饗宴きょうえんの儀」はこの日以降、複数回行う。平成の代替わりで計7回行われた饗宴の儀は、回数や規模を縮小する見通しだ。

 今秋をめどに、儀式の詳細を検討する「式典委員会(仮称)」(委員長・首相)を設け、儀式の出席者や式次第などを大綱にまとめる。関係府省庁の連絡調整のため、「式典実施連絡本部(仮称)」(本部長・官房長官)も置く。

14912 0 政治 2018/03/31 07:06:00 2018/03/31 07:06:00 2018/03/31 07:06:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180330-OYT1I50034-1.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ