文字サイズ

    慰安婦問題を議論…自民・民主両政調会長

     自民党の稲田、民主党の細野両政調会長が11日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、慰安婦問題などについて議論した。

     稲田氏は、「まずは(ソウルの日本大使館前に設置された)慰安婦像の撤去を日本として要求するべきだ」と述べた。日韓両国が目指す慰安婦問題の「早期妥結」に向け、韓国側も努力するよう求めたものだ。

     細野氏は、「日本には(韓国政府が)ゴールポストをずらしてきたという不信感がある」と述べ、韓国側が再三、慰安婦問題を蒸し返したことで解決が困難になっていると指摘した。

    2015年11月11日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP