米朝首脳会談中止の可能性も…ケビン・メア氏

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 元米国務省日本部長のケビン・メア氏と拓殖大特任教授の武貞秀士氏が16日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、6月12日に予定される米朝首脳会談について議論した。

 北朝鮮が16日、米韓空軍の定例合同訓練を理由に、南北閣僚級会談の中止を一方的に通知し、金桂官キムケグァン第1外務次官が米朝首脳会談の中止に言及したことについて、メア氏は「北朝鮮が非核化に向けて具体的な行動に出るまで、米国が制裁措置や軍事的圧力を緩めることはない」と話し、米朝首脳会談の中止もあり得るとした。武貞氏は「トランプ米大統領が米韓訓練を縮小する可能性はゼロではない」と述べ、北朝鮮が米国から譲歩を引き出そうとしていると指摘した。

21860 0 国際 2018/05/16 23:07:00 2018/05/16 23:07:00 2018/05/16 23:07:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ