「米朝、非核化に関する言葉の意味違う」武貞氏

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 拓殖大学の武貞秀士特任教授、笹川平和財団の渡部恒雄上席研究員らが25日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、トランプ米大統領による米朝首脳会談の中止表明などについて議論した。

 武貞氏は会談中止の理由について、「米国と北朝鮮との間で、非核化に関する言葉の意味が違っていたことが大きい」と分析。渡部氏は「日本にとって一番悪いシナリオは、トランプ氏が北朝鮮の安易な妥協案に乗ることだ」と指摘した。

23299 0 国際 2018/05/25 23:50:00 2018/05/25 23:50:00 2018/05/25 23:50:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ