がん見落とし、「あらゆる病院で起こりうる」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 荏原病院(東京)の放射線科医・井田正博氏が29日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、がんの見落としが全国の大学病院などで相次いでいる問題について解説した。

 画像診断で指摘されたがんの疑いが主治医に見落とされる背景には、検査データが膨大なことや、診療科が専門分化されていることなどがある。井田氏は「あらゆる病院で起こりうる問題。この機会に全ての病院で、どういう対策が必要か考えなくてはならない」と話した。

無断転載禁止
27953 0 国内 2018/06/29 23:27:00 2018/06/29 23:27:00 2018/06/29 23:27:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ