党首討論、国民が見ていることを前提に…鴨下氏

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 鴨下一郎・元環境相と安住淳・元財務相の衆院議員2人が3日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、党首討論の在り方について議論した。

 今国会では5月と6月に2回の党首討論が行われたが、討論時間の短さが一因で議論は深まらなかった。鴨下氏は「もっと国民が見ていることを前提に議論しなければいけない。お互いに取っ組み合いになって形がよくない」と指摘した。

 安住氏は「自己主張ばかりしてしまうとかみ合わなくなってしまう。2大政党制を前提とした党首討論とギャップがある」と述べた。

30265 0 政治 2018/07/03 22:54:00 2018/07/03 22:54:00 2018/07/03 22:54:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ