文字サイズ

    長時間同じ姿勢「突然死のリスクも」…高平教授

     北里大学教授で整形外科医の高平尚伸氏は12日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、「姿勢と体への影響」をテーマに姿勢の改善方法などについて話した。

     背中を丸めたり、脚を組んだりするなど悪い姿勢を続けていると、肩こりやめまい、腰痛など、体に悪影響がある。高平氏は理想の姿勢として、背筋が垂直になるように深く座り、ひざの角度は90度とすることなどを説明。高平氏は「長時間同じ姿勢を続けると、血栓(血の塊)ができて突然死のリスクもある」と指摘し、タオルを使った予防法も紹介した。

    2018年07月12日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP