長時間同じ姿勢「突然死のリスクも」…高平教授

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 北里大学教授で整形外科医の高平尚伸氏は12日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、「姿勢と体への影響」をテーマに姿勢の改善方法などについて話した。

 背中を丸めたり、脚を組んだりするなど悪い姿勢を続けていると、肩こりやめまい、腰痛など、体に悪影響がある。高平氏は理想の姿勢として、背筋が垂直になるように深く座り、ひざの角度は90度とすることなどを説明。高平氏は「長時間同じ姿勢を続けると、血栓(血の塊)ができて突然死のリスクもある」と指摘し、タオルを使った予防法も紹介した。

31774 0 テクノロジー 2018/07/12 23:06:00 2018/07/12 23:06:00 2018/07/12 23:06:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ